幅広マスキングテープで部屋をイメチェン♬思い切った使い道で、予想以上の結果に!

マスキングテープ
  • URLをコピーしました!

100円ショップや文房具店などで、色とりどりの、大きさも、形でさえも様々なマスキングテープをよく見かけるようになりました。

封筒を止めたり、写真を貼ったり、縁取りをしたり・・・人によっても、時と場合によっても、使い方が様々で、買うときに選ぶのも楽しいですね!

渋い茶封筒も、可愛い柄で止めるだけでもなんだか気持ちが伝わりそうですよね!

気軽に貼って剥がせるところや、100円ショップでも3個セットで可愛いマスキングテープが手に入ったりと、人気の理由が垣間見られます。

そんなマスキングテープを多様されている方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、マスキングテープの素晴らしさを伝えていきたいと思います!

どれくらい好きかというと、マスキングテープが好きということを面接で全力で伝えて、その会社から内定を頂くくらい好きです。ちょっと変わっていますかね^ ^

好きなものへの熱意は伝わるものですね・・・。
今回は初めて幅広マステを買って、それを自宅のDIYに使用した話をご紹介して行きますので、どうぞ、お付き合い下さい。

目次

初めての幅広マスキングテープはなんと、幅が230mmも!!

今回使用したマスキングテープの幅は230mmです!

普段よく使っているマスキングテープの幅が20mmなので、初めて手に取って見た時はとても幅が広く感じました。
以前から幅広マスキングテープには興味があったのですが、どこにどう使おうか悩んでしまってなかなか購入まで至りませんでした。

48mm100mmの幅のマスキングテープは、パソコンに貼ってみたり、汚れが落ちなくなってしまった部分の目隠しなどとして使用したことがあったのですが、230mmのマステだと、その部屋全体の印象や雰囲気がガラッと変わってしまう気がしたのも、手が出せなかった理由です。

しかし、今回は大きな場所のDIYをしようと思い立ち、細いマスキングテープだと気が遠くなる作業になるので、思い切って幅広マスキングテープに手を出してみました。

まず先に結論です。

「とても良かった、やってよかった」

マスキングテープが大好きという思いを裏切らない働きをしてくれました!

マスキングテープ台所の収納扉に使用してみたら・・・

使用した場所は台所の収納扉です。

私の家は築30年ほど経っているので収納扉の汚れはなかなか落ちず、色も地味なため台所全体が暗いイメージでした。

なので、明るいイメージにしたい!とずっと思っていたので、明るい色で好みのマスキングテープを探しました。
北欧柄のマスキングテープを2柄選び、ふちを同じ色味で縁取りました。

マスキングテープは柄の種類が多いのでどの柄にするかとても迷ってしまうことが多いですよね。
常用使いの気軽なものなら、パパッと好きな柄を選んでも良いのですが、収納扉に貼る用のものを買うとなると、好きというだけで選ぶと失敗するかもしれないと感じました。

2柄選んだ理由は、1柄だとうるさくなりすぎるのではないかと考えたからです。その結果、柄を2柄選び、縁取ることに決めました。縁取りをしたお蔭で、柄と柄を合わせてもごちゃごちゃ感が出ず、まとまりのある扉に仕上がりました。

同じ色味でまとめたのもその効果が出たかなと思います。

選んで良かった!と思えた理由

私が選んで良かったと思う1番の理由は、“貼っても剥がせるところ”です。

マスキングテープは貼ってしまってもきれいに剥がせることができます。マスキングテープの1番の特徴はこの“貼っても剥がせるところ”だと私は思っています。それが幅広マスキングテープでもそれは同じです。

貼って剥がせると書いてあっても、さすがに幅広になると「剥がしたところがくっついてしまったりぐちゃぐちゃになってしまったりするかな?」、と半信半疑だったのですが、幅広でもそのようなことがなく使用できたので大満足でした。

ただ、貼ってからどれだけ日にちが経っても、きれいに剥がせるということは確実ではなく、日にちが経つと剥がれにくくなる可能性があるので注意が必要です。

台所用で使用したので貼り付けが完了した後、念のため防水スプレーをかけましたが、防水スプレーを使用しなくても撥水してくれそうな素材だったのも、満足した理由の1つです。

「部屋の雰囲気を変えたいな〜」、と思っている人は、是非チャレンジしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる